日本最北端の日帰り温泉に行こう

日本最北端の日帰り温泉に行こう

温泉の宝庫とも言える火山列島日本の中でも北海道はその雄大な大自然故に日帰り入浴が出来る温泉も露天風呂や野天風呂の比率が高いといえるでしょう。日本で最北端の温泉といえば稚内温泉です。礼文島も稚内並みに北にはあるのですが島の中でも南に位置する香深港の少し南の近くであるために、稚内温泉の方が北に位置しています。また、日本最北端の地としては宗谷岬ですが、こちらには温泉はありません。稚内温泉は宗谷岬と並んで北に突き出たノシャップ岬の南西に3kmほど行ったところにあります。ノシャップ岬の東側には稚内の市街地があり市役所や、稚内市中央にあるW駅などがありますが、稚内温泉は原油の試掘の時に湧き出した温泉を元にして日帰り温泉施設が開業したというルーツから便利な街中にある訳ではありません。しかしながらノシャップ岬の西側であったことが幸いして浴室や露天風呂などからは、日本海に浮かぶ利尻島・礼文島の島影や黄金色に輝く夕日など、雄大な自然を満喫することが出来ます。成分は弱アルカリ性高張性低温泉でナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉・重曹強食塩泉であるとされています。治療の効果が期待できる症状を指す適応症としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけどなどが挙げられます。稚内市営の日帰り入浴施設の他にも幾つかの民宿などがあります。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 日本最北端の日帰り温泉に行こう All Rights Reserved.